リハビリテーション

 当院では、入院患者様に対して、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がリハビリを行っております。発症後の経過の長い患者様においても、時間の経過とともに筋力が弱くなったり、関節が硬くなったりして動きにくくなってしまうことがあります。それらを予防するために、患者様一人ひとりに合わせたリハビリを週2回程度実施して行きます。離床できる患者様はリハビリ室にて、離床が困難な患者様は居室へお伺いしてリハビリを行います。日常生活動作の向上を目指してリハビリを行うだけでなく、入院生活でのストレスを少しでも軽減していただけるよう、生活環境の調整等も含めて精神的なフォローも行っていけるよう心がけております。
 ご自身での体動が困難な患者様は、床ずれが発生するリスクも高くなるため、ケアスタッフと協力し、患者様に合わせたポジショニングを実施しています。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の特色について

理学療法士(PT)

 関節の運動等全身の姿勢の調整、運動による筋力・体力の向上、痛みの軽減等を図っていきます。「寝返る」「起きる」「座る」「立つ」「歩く」等の基本的な動作のサポートをしていきます。 

作業療法士(OT)

 「食事をする」「着替える」などの日常生活の応用動作のサポートをしていきます。また、手工芸やレクリエーション等を取り入れながら、上肢機能や精神機能の維持向上を図っていきます。

言語聴覚士(ST)

 言葉や飲み込み等の障害に対して関わっていきます。症状に応じて、口の体操や発声・構音訓練を行ったり、絵カード等を用いて言語訓練を行ったりします。また、実際の食事場面に介入し、安全に食事がとれるようにサポートしていきます。

対象となる患者様(医師の処方が必要です)

難病の方
脳梗塞、脳出血などの発症後の方
骨折等の整形外科疾患の方
廃用症候群の方等